泉房穂明石市長の家族は?暴言のパワハラは日常的?「火をつけてこい」はひどすぎる!

兵庫県明石市の泉房穂(いずみ ふさほ)市長の
暴言が話題になっています。

なんでも、立ち退きが遅れていることに腹を立て、
「火をつけてこい」
「損害賠償は個人で負え」
といった暴言を職員に言い放っていたとのことです。

泉房穂明石市長の経歴、家族は?
日常的にパワハラがあったのか?
今回のニュースの概要をまとめてみました。

スポンサードリンク

泉房穂(明石市長)の経歴、家族は?

泉房穂明石市長のホームページがあり、
そこにプロフィールを公開しています。

氏名 泉 房穂(いずみ ふさほ)
生年月日 1963年8月19日(2019年1月現在、55歳)
職業 兵庫県明石市 市長
家族 妻、娘、息子
学歴 二見小学校→二見中学校→明石西高校→東京大学教育学部
経歴
・?年 NHK入局→民放に移籍
・?年 石井紘基衆議院議員秘書
・1997年 司法試験合格
・2000年 「いずみ法律事務所」開設
・2003-2005年 衆議院議員(民主党)
・2007年 社会福祉士資格取得
・2011年 明石市長に当選(無所属)
資格 弁護士、社会福祉士、手話検定2級、柔道3段

家族は、妻、娘、息子の4名家族とのことです。

学歴、経歴を見る限り、
順風満帆な感じを受けます。

明石市長になってからも
「全国で初めて、市役所内に法テラス窓口を設置」
といった弁護士ならではの政策や
「中学までの医療費無料化」をはじめとした、
子育て支援などにも力を入れていたようです。

その一方で、
職員には暴言を放っていたとなると、
信用・信頼が一気に落ちてしまい、
とても残念に思えます。

スポンサードリンク

パワハラは日常的にあった?

この事件が起きたのは、
2017年のことで
なぜ今発覚したのかも疑問が残ります。

もしかしたら、
職員に対する泉房穂市長の態度が
この暴言だけではなかったのではないか、
日常的にパワハラがあり、
その口火を切った問題なのではないか、
と思ってしまいます。

泉房穂明石市長のパワハラが
日常的に行われていたかどうかまでは
わかりませんでしたが
今後、このニュースをきっかけに
いろいろ出てくるかも知れません。

スポンサードリンク




明石市の場所は?

明石市の場所を確認してみます。

2019年は明石市制100周年の節目の年で、
また、地元の明石商業高校野球部が
春の選抜で選ばれ、
良いニュースもある中で、
今回の泉房穂明石市長の暴言で、
良い意味でも、悪い意味でも
話題になってしまいました。

スポンサードリンク




ニュースの概要

兵庫県明石市の泉房穂(ふさほ)市長(55)が2017年、市の道路拡幅事業でビルの立ち退きが遅れていたことについて、担当職員らを呼び、「(交渉がまとまっていないビルに)火をつけてこい。燃やしてしまえ」などと暴言を吐いていたことがわかった。市長は読売新聞の取材に発言内容を認め、「怒りにまかせて言ってしまった。市長の振る舞いとして度を越えていた」と述べた。

この事業は10年度から始まった国道2号の拡幅工事で、国の委託で市が用地取得などを実施。市は12年度から用地買収に着手し、16年12月に完了予定だった。

しかし、JR明石駅前のビル1棟の立ち退き交渉が遅れ、17年6月、市長は市長室に担当職員を呼び出し、ビル側と売買価格の交渉がまだ済んでいない、とする職員の説明に立腹。

「(事業が始まって)7年間、何しとってん。ふざけんな。アホちゃうか」などとどなった上、「今日、火をつけてこい。火つけて、捕まってこい、お前。今から行って、建物を燃やしてこい。損害賠償(の責任は)、個人で負え」と迫ったという。

交渉はその後、まとまり、18年春にビルは撤去された。道路拡幅工事は20年頃に完了する見通し。

引用:Yahooニュース

ネットの声

理由がどうであれ市長失格
確かに暴言過ぎる発言は問題だけれども、指示後、翌月には補償契約に至ったとのこと。
てことは、とっくに測量、物件補償調査は済んでいたってことです。
市長が怒るように条件提示もせずに放置していたのも確かに問題です。
怒り方があまりにも酷かっただけ。
そしてこの時期にマスコミに流れる。
政治的な意図がプンプン香る
明石海峡フェリーの航路復活を阻害
成人式でいきなり怒鳴る「税金使って式典やってるんだ!」
地域PR動画に難癖をつけるも、結局公開
職員に放火を指示
何なんだ。コイツは。
短い任期でしたがご苦労様ですた。
別の記事で
「現場では交通死亡事故が起きていた。待ったなしの事業で、安全な交差点を造る前に人が亡くなったらどうするのかと感情的になってしまった」
とあったけど、火事起こして人が亡くなるのはいいんかって話
もしこんな発言する人が自分が住んでる市の市長だったら嫌だね
辞めて欲しいって気分になる
ヒドイ話だな。
そんな発言してたら自分の家燃やされちゃうよ。
再選されるかは4月の選挙で市民が決めることですが、この発言は不穏当にもほどがありますよね。
いつもこんな感じだから録音できたのでしょうね。

まとめ

泉房穂明石市長が職員に対し、
暴言を放った問題についてまとめてみました。

今回の問題だけでなく、
日常的にパワハラがおこなわれていたかまでは
わかりませんでした。

市制的には、
敏腕を発揮されているだけに
とても残念です。

スポンサードリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする