安室奈美恵がNHK特番で小室哲哉と引退を語る、2017紅白出場はある?

2017年11月23日放送の
NHK特番「安室奈美恵 告白」
語られた内容を簡単にまとめました。

安室ちゃんが20代後半、
小室哲哉プロデュースが終わった時、
引退の文字がちらついた」と、
という衝撃的な『告白』もあります。

そして「もしかしたら2017年紅白出場もあるかも?
と思った理由も書いていきますね。

よかったらコチラの記事もどうぞ
【真相】安室奈美恵の引退理由は?引退日は?NHK特番で語られる?

【2018.8.22追記】

安室ちゃん引退前日の9月15日に、
WE?NAMIE HANABI SHOW 前夜祭~I ?OKINAWA/I ?MUSIC~
が決定しました!!
なんと、本人出演!!! 嬉しすぎるっっ!!!

【2018.9.16追記】

安室ちゃん引退の9/16、
沖縄で開催されるWE?NAMIE HANABI SHOW 」
この様子が「hulu」で生配信されることになりました!
ありがとう!!huluさん!

huluは2週間無料視聴できます!この機会に是非!
→Hulu(Documentary of Namie Amuro “Finally”)

追記記事はこちら
安室奈美恵の引退ライブ2018!ファイナル日程(沖縄)とチケット一般発売は?

スポンサードリンク





NHK映像で振り返る「安室奈美恵 告白」ポップジャム・紅白復帰の映像も

「辛いこととか大変なこともあったけれども、なんか幸せな25年間」
「歌手として、素晴らしい出会いもして、
素晴らしい経験もさせてもらった25年間だったんじゃないかなと思います。」
という安室ちゃんの言葉から、インタビューは始まります。

第1章 平成のヒロイン

NHKにある秘蔵映像の数々で、これまでを振り返ります。

1993年3月、
ポップジャムアシスタントのオーディション風景。
15歳の初々しい安室ちゃんが
私服で「ミスターUSA」を歌う『超お宝映像』からスタート。

1995年には「TRY ME」でヒット、
その後「Body Feel EXIT」で小室哲哉さんと出会い、大ブレイク。

そしてこの年に「Chase the Chance」で紅白初出場。

これを皮切りに
90年台後半は小室哲哉さんとのタッグで
チャート第1位を連発していきます。

インタビューでは、
「(デビュー当時は)踊ることの方がすきだった」や

アムラーの社会現象については、
「名前が独り歩きして、不思議な感じでした」と。

人気絶頂の20歳の時に
結婚、妊娠、休業をしたことについては
「好きな人がいて、その人の子供を授かったという嬉しさしかなかった」と、
率直に話し、

出産後、
復帰の舞台となった1998年の紅白では、
途中、涙で歌えなくなる場面もあり、

そのシーンをVTRで観ていた
現在の安室ちゃんも思わずもらい泣き。
「暖かく迎えてくださったのを思い出します」
と、当時を振り返っていました。

第2章 新しい自分

小室プロデュースが終了したあと、
これからは全部自分でやらなきゃいけない、
という場面になって、
「不安にはすごくなりました」と
インタビューに答えていました。

考えすぎて
「歌手 安室奈美恵」が
わからなくなった時期があったと話し、
一回「安室奈美恵」を置いて、
「安室奈美恵」じゃないことをやりたいと思ったそうです。

25歳の時に「SUITE CHIC」の名前で、
いろんなアーティストとコラボレーションをしたところ、

「とても楽しかった」
「楽しむことを忘れていた」ことに気が付き、

「自分が好きなことを堂々とやればいい」と
吹っ切れてからは、
「『安室奈美恵』は何をすればいいの?と悩んでいた」
のがウソのように、
いろんなことをスパスパと決められる様になった、と話します。

そうして、2007年の29歳の時「Baby don’t cry」が大ヒット。

この頃から活動の軸を
テレビからコンサートへシフトチェンジしていきます。

コンサートでは、
「生の私を観てもらって、
こんな私で良ければ好きになっていただけませんか?」
という気持ちでのぞんでいるといいいます。

テレビやコンサートのMCでは、
いつも「何か面白い事を言わなきゃいけない」という
プレッシャーがあったそうで、
今では「安室奈美恵コンサートではMCなし」が
当たり前のようです。

でも、コンサート会場では、
「いつも」「MCなくて」「ごめんね」
とフキダシを持ってと
頭を下げるシーンが映像で流れているようです。

第3章 引退

今回、引退を決めたことについての想いを語ります。

「引退の文字がちらついたのは20代後半の時」
「引退のことを誰かに相談するとかできなかった」

そんな苦悩の日々を送っている時、
ふとデビュー時代に思ったことを思い出したそうです。

デビューが決まった時に、嬉しかったという一方、
「一生続けていく仕事じゃないな」と思っていたそうです。
そして、
「始まりがあれば終りがある、デビューがあれば引退がある」
と、デビューした時に既に「(デビューと引退を)ニコイチで考えていた」
事を思い出したそうです。

そして、
「引退する時は絶対絶対大きいコンサート会場で引退コンサートやる」
と決めていた事も思い出し、
「まだその時の夢を叶えてない」
「(夢を叶えるまで)必死な顔してもがけばいいじゃん」と、
「楽しみ尽くすことをやってみよう」と決意したそうです。

そして、35歳、デビュー20周年で5大ドームツアーを実現。
その時にリアルに引退を感じ、
周りに引退について話したそうです。

理由は明かされませんでしたが、
結局20周年での引退はできない、となり、
20周年ライブで、全てをやり尽くし燃え尽きた感があったものの、
そこで気持ちを切り替え
「次の引退を25周年に定めて、この5年間はコンサートで楽しんでもらおう」と
新たな出発を決意。

そして、多くの都市を細かく回るホールツアーを行ったそうです。
このツアーは安室ちゃんいわく
「今まで応援してくれてありがとうってお礼するツアー」
という位置づけだったとのこと。

辛かった時、支えてくれたのはファンの存在だったといい、
コンサートでは
「あたし達ココにいるからあなたはこのステージを楽しみなさい」
と言われているような気がして、
感謝の気持ちでホールツアーを行ったと話していました。

2018年には
「大きな会場で引退コンサートをやる」という夢を実現するべく、
5大ドーム15公演・アジア5公演・70万人動員が予定されています。

引退の日まで
「自分らしく、楽しい1年に」したいと話し、

「ネガティブなイメージじゃなく、終わりがあれば次のスタート」
と、考えていて、
「楽しい人生が待っているんじゃないかな」
と、前向きな気持ちでいるそうです。

息子さんについても
「息子の存在が今の私を作っている」
と、かけがえのない存在だと話します。

息子さんの存在、
引退後の未来、
それが今回の新曲「Finally」の歌詞に反映されています。

「守るものがあるから強くなれるの」
「輝かしい未来へFinally」

ちなみに、
安室ちゃんは子離れが全然できていないそうで
20歳になる息子さんからは
「うぜぇよ」と言われているそうです。笑

スポンサードリンク

引退を意識したのは、小室プロデュースから離れた時!?

番組でも話していましたが、
「引退の文字がちらついたのは20代の後半のとき」と話していて、
小室哲哉プロデュースから離れた時と重なります。

安室ちゃんが「アムラー」という社会現象を生み出すほどブレイクしたのは、
17歳の時、小室哲哉さんによる全面プロデュースが始まってからです。

「アムラー」という社会現象について、
「名前が独り歩きして不思議な感じ」
とも話していたのとつながるんですが、
「安室奈美恵」というのが「小室プロデュース」で
作り上げられたものだったという意識があったのかな、と感じます。

ジャケットの写真から、
衣装、ダンスなども全て小室さんにプロデュースされていたそうです。

そういった状況から離れた時、
世間が求める「安室奈美恵」から
「新しい安室奈美恵」を手探りで
探しはじめたんだろうと思いました。

「新しい安室奈美恵」へ、引退をもセルフプロデュース

小室プロデュースから離れ、
初めて出した曲が、自らが作詞した「Say the word」

「息子のために何ができる」事を思い、
その時に思ったことを歌詞にしたそうです。

その後、セルフプロデュースに行き詰まってしまって、
「歌手安室奈美恵がわからなくなった」こともあった時、
「こうしなきゃいけない」じゃなく
「自分が楽しまないと!」という答えが見つかって、
新たなドアが開いたんだろうな、と思います。

言い方は悪いですが、
小室プロデュースでブレイクした歌手はたくさんいますが、
プロデュースが終わると消えていく人も多かったと思います。

でも、ここで止まらず、
また立ち上がったのは安室ちゃんの強さ、実力だと感じます。

・シングルTOP10入り連続23年ソロアーティスト歴代1位
・「CAN YOU CELEBRATE?」は229万枚以上いまだに超える女性アーティストはいない
・10代20代30代40代にわたってミリオン突破を達成した唯一の女性ソロアーティスト

この偉大な記録たちも
「大きい会場で引退コンサートを開く」という
安室ちゃんセルフプロデュースの通過点に
過ぎなかったのかもしれませんね。

そして今回発売されたアルバム「Finally」には、
16年ぶりに小室哲哉さんが提供している曲があるんです!

小室プロデュースから卒業し、
そこから抜け出すためにもがいてセルフプロデュースの形をつくりあげ、
引退を決意した時に、
小室さんの楽曲を選ぶなんて、
なんてドラマチックなんでしょう。

曲のタイトルは「How do you feel now?」
安室ちゃんが出演しているdocomoのCMソングになっていますよ。

Finally (3CD+Blu-ray+スマプラ) [ 安室奈美恵 ]

価格:4,147円
(2018/9/16 12:53時点)
感想(185件)

安室ちゃんと「紅白」の関係、2017年紅白出場ある?

今回のNHK特番で改めて知ったのですが、
安室ちゃんが20歳の時、出産のため休業をした際、
休業前の最後のテレビ出演が「紅白」でした。

そして、休業明け、仕事復帰の一番はじめのお仕事、
これも「紅白」でした。

今は活動の中心を「コンサート」にして、
あまりテレビには出ない安室ちゃんですが、
今回の特番を見て
「もしかして2017年紅白出るのでは?」と私は思いました。

というのも、
「ファンの皆さんにお礼を言いたい」ために、
40ヶ所もツアーで周ったと話していたことから、
安室ちゃんは
「テレビを通じてつながるファンがいるなら、
そのお礼を言えるのは紅白というステージかも。」

と思うんじゃないかな?と感じました。

私の希望がだいぶ入っていますが、
2017年の大晦日、紅白歌合戦で
安室ちゃんの歌声が聞きたいです!!

安室ちゃん紅白出場決定!の記事はこちら
室奈美恵2017紅白歌合戦に復帰!曲は?時間は?過去の出場回数は?

まとめー安室奈美恵NHK特番で小室哲哉と引退を語る、2017紅白は

2017年11月23日に放送されたNHK特番「安室奈美恵 告白」

安室ちゃんの口から直接、引退に至った経緯が聞けて、
とても貴重なインタビューだったと思います。

「デビューがあれば引退もニコイチである」と
考えていたとはいえ、
小室プロデュースから離れたときが
引退を考えるきっかけだったのかなと感じました。

そして2017年紅白、大晦日に、
安室ちゃんの姿をテレビで是非見たいです!!

安室ちゃんのドキュメンタリーが「hulu」で見られますよ。
安室奈美恵ドキュメンタリーはこちら

安室奈美恵25周年アニバーサリー沖縄のライブがwowowで見られます!
今なら加入月は無料です。
WOWOW_新規申込

引退前夜祭に安室ちゃん出演決定!の追記記事はこちら
安室奈美恵の引退ライブ2018!ファイナル日程(沖縄)とチケット一般発売は?

スポンサードリンク




関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする