千葉九十九里浜バラバラ遺体の同居長男(37)の顔画像は?事件現場と真相は?


女性の切断された遺体が次々と見つかり、
バラバラ遺体事件の女性の身元が
八街市に住む山田容子さん、75歳女性だとわかりました。

そして山田容子さんと同居していた
会社員の長男(37)が任意同行されています。

長男の情報と今回の事件現場をしらべてみました。

スポンサードリンク

バラバラ遺体遺棄事件、長男(37)の顔画像などは?

現在、任意同行で取り調べをうけている
遺体女性の長男について
現在、わかっているのは、

千葉県八街市在住
年齢 37歳
会社員

ということです。

最近、孫が祖父母を、子が親をという
痛ましい事件が多い気がします。

今回も家族間のトラブルが問題なのでしょうか。
今後の捜索が気になります。

関連記事
北嶋祥太容疑者の顔写真、Twitterは?金沢祖父殺人事件の経緯と両親はいないの?

事件の場所は?遺体が流れ着いた場所は?


引用:iza

現在わかっている
遺体が発見された場所を時系列で見ると

① 9/29 大網白里市堀川河口 で胴体
② 10/2 九十九里浜沿い で頭部
③ 10/2 白子町 で右足
④ 10/8 九十九里浜沿い で左足

という経緯です。

10/2に頭部が見つかったことで
千葉県警は似顔絵を作成し、
情報をよびかけていました。

その似顔絵はこちらです。


引用:iza

頭部がみつかった段階で、
歯にインプラント治療をしている事がわかり、
捜査が進むかと思われましたが、

頭部発見から1ヶ月以上かかっており、
身元確認に難航したのがわかります。

事件の概要

9月末から10月初旬にかけて千葉県の九十九里浜沿岸で相次いで女性の切断された遺体が見つかった事件で、千葉県警は16日、死体損壊・遺棄容疑で逮捕する方針を固めている同県八街(やちまた)市の会社員の男(37)を任意同行した。県警は発見された遺体を男の母親で同居する75歳の無職女性と特定しており、同日、2人の自宅の家宅捜索を行った。男の容疑が固まり次第、逮捕する方針。

男は午前8時ごろ、任意同行を求められた。

女性の遺体は胴体が9月29日に同県大網白里(おおあみしらさと)市の堀川の河口付近で見つかり、その後、10月2日に頭部と右脚、同月8日に左脚がそれぞれ九十九里浜沿いで発見された。県警は遺体の切断面から、事故ではなく、何者かが遺体を切断し、遺棄したとみて捜査を進めていた。

その結果、遺体の身元は歯の治療痕などから八街市に住む75歳の無職女性と判明。女性が9月以降、行方不明になっているにもかかわらず、同居する37歳の長男が捜索願を出してないなど、不自然な点があるため、県警は聴取に踏み切った。

捜査関係者によると、遺体は9月26日深夜~27日未明ごろ、九十九里浜周辺に遺棄されたとみられるが、近くの防犯カメラに長男の車が写っていたことも分かった。

引用:ヤフーニュース

捜索願いが出ていなかったことや
遺体発見数日前の深夜に、九十九里浜近くの
防犯カメラに写っていたことが、
今回の任意同行への決め手となったようです。

最近は防犯カメラや
車載カメラの映像で事件解決の糸口になることが増えています。

最初は「監視されているようだ」との反発もありましたが、
事件解決に役立っていると思うと、
地域での防犯カメラの必要性を感じてきます。

スポンサードリンク

まとめ

海水浴場としても有名な千葉県の九十九里浜。

そこに女性遺体が発見されたことで、
近隣住民だけでなく、
日本中の人が驚いた事件でしたが、

現在、女性の息子が任意同行を受けており
逮捕につながるのも時間の問題のようです。

実の親をバラバラにするほどのことが
何だったのかと事件の真相も気になるところです。

スポンサードリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする