大学無償化と奨学金の違いは?併用できる?成績で打ち切りされる?

2019年5月10日に、
低所得世帯を対象とした
「大学無償化法」が成立しました。

2020年4月から
この支援制度が開始されます。

この制度が成立するまでは、
学生を援助する制度として
「奨学金制度」がポピュラーでした。

今回は「大学無償化」の条件や
「奨学金」との違い、
打ち切りの可能性もあるのかについて、
調べてみたいと思います。

スポンサードリンク





大学無償化と奨学金の違いは?併用できる?

大学無償化、奨学金のどちらの制度も
全ての学生が対象となるわけではありません。

まずは、大学無償化と
奨学金のそれぞれの制度について、
以下にまとめてみました。

大学無償化とは

低所得世帯の学生に対して、
大学等の入学金や授業料を減免し、
さらに、返済不要の給付型奨学金を充実させ、
進学を支援する事が
目的とされた制度のことです。

奨学金

奨学制度に基づいて、
学生を援助することを目的とし、
優れた学術研究の援助や、
優秀なのに経済的な理由で
就学困難な方に対して、
教育の機会を保証することを目的としています。

奨学金には、
返済不要の「給付型奨学金」と
卒業後に返済をする「貸与型奨学金」
があります。

大学無償化対象は?

大学無償化の対象となるのは
低所得世帯のみとなります。

「両親と学生本人、中学生の4人世帯」
の場合を例にすると、

・世帯収入が270万円の場合は全額支援
・270万円から300万円未満は3分の2
・300万円から380万円未満は3分の1
※上限は学校の種類ごとに決まっています。

スポンサードリンク

大学無償化と奨学金は併用できる?

大学無償化は、
「学費減免」と「返済不要の給付型奨学金」の
セットです。

そのため、
「給付型奨学金」を受けている方で
大学無償化の条件をクリアすることで、
学費までも免除対処となります。

返済が必要になる
「貸与型奨学金」を受けている方は
おそらく、世帯収入などの点から、
大学無償化の条件にあてはまらない場合があるため、
学費免除も含まれる大学無償化とは
併用できないと思われます。

低所得世帯の学生にとっては、
大学無償化制度を受けることで
学費も奨学金も返済不要となるという点から、
良い制度だと思います。

スポンサードリンク




大学無償化は成績が悪いと打ち切りされる?

家庭の事情で
大学進学を諦めざるを得なかった学生には
とても嬉しい制度ですが、

退学や留年、単位の不足等で
打ち切りになる場合があります。

詳細は以下の通りです。

・停学、退学となった場合
・修学年限で卒業できないと確定した場合
・5割以下の修得単位数だった場合
・出席数が少なく(5割以下等)学習意欲が著しく低いと大学側が判断した場合

いきなり打ち切りとはならず、
成績が低くなると警告があり、
その警告が続くと
支援が打ち切りとなります。
警告基準は以下の通りです。

・平均成績等が下位4分の1だった場合
・出席率が8割以下等、学習意欲が低いと大学側が判断した場合
・修得単位数が標準の6割以下だった場合

無償化となるには、
両親の所得の他にも、
実際に通学する学生の成績や
学習態度も条件となるのは、
当然のことだと思います。

「学習意欲があるのに」
というのが大前提なのを心して、
利用してほしい制度ですね。

スポンサードリンク




まとめ

2020年4月からはじまる
大学無償化制度について
調べてみました。

現在ある奨学金制度は
返済不要の「給付型奨学金」と
返済必要の「貸与型奨学金」があり、

大学無償化制度は、
学費が世帯収入で学費の免除にランクがあり、
「給付型奨学金」とセットで、
低所得世帯のため、
進学をあきらめていた学生には
とても良い制度です。

制度を利用するには、
成績や出席率などの学習意欲も加味されるのですが、
相応の待遇を受けるのですから、
それは当然のことだと思います。

現在在学中の大学生にも適用されるとのことなので、
今後、対象となる
大学・短大・高等専門学校・専門学校などの公表が
気になるところです。

スポンサードリンク



関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする