中村良隆(福井県若狭町)副町長、事故原因の詳細を図解で推測!自宅の車庫入れで運転ミスか?

福井県若狭町の
中村良隆副町長が
自宅の車庫で、
壁とドアに挟まれるという事故で
亡くなられました。

車庫入れでなぜ挟まれたのか?
事故の原因はなんだったのか?
運転ミスだったのか?について
図解で推測してみました。

スポンサードリンク

中村良隆副町長(福井県若狭町)について

事故にあわれた
中村良隆副町長について
まとめてみました。


氏名 中村 良隆(なかむら よしたか)
年齢 63歳
職業 福井県若狭町 副町長
居住 福井県若狭町横渡

副町長ということもあり、
周りからの信頼も厚い方だったかと思います。

まだ63歳ということもあり、
運転もご自身でされていたのでしょう。

スポンサードリンク

事件の現場は

今回の事件の現場は
中村良隆副町長の自宅がある
福井県若狭町横渡
とのことです。

中村良隆副町長の奥様が
第一発見者とのことで、
奥様がとても気の毒です。

スポンサードリンク




事故の詳細を図解で推測してみた

今回の事件は
自宅で車庫入れする際に
おきています。

運転席のドアをあけて、
直接、後方の確認をしながら、
バックしていたところ、
運転席側を寄せすぎたのか、
運転席側のドアと車庫の壁に
頭を挟まれたようです。

イメージがしにくいのですが、
わかりやすく図解されている方がいました。


引用:http://newsplusalpha.net/archives/16365062.html

実際にこの状況だったかはわかりませんが、
おそらくそうなのでは、と思われます。

以前は、ドアを開けたまま
後方を確認してバックする方も
多くいましたが、

最近では、
バックモニター機能がついていたり、
車体の四方に
センサーがついている車も多いので、
このような事故は
少ないのかもしれません。

丁寧に車庫入れをするあまりに
このような事故がおきてしまったのは、
とても残念です。

スポンサードリンク




事件の概要

23日午後4時50分ごろ、福井県若狭町横渡の住宅の車庫で「男性が口から血を吐いている」と女性から119番があった。

県警敦賀署によると、男性は同町の中村良隆副町長(63)で、病院に搬送されたが出血性ショックで死亡した。中村さんは1人で車庫入れしていた際、車と壁の間に体を挟まれたとみられ、同署が当時の状況を調べている。

同署によると、中村さんは車庫に車を入れるため、運転席ドアを開け、身を乗り出してバックさせていた。車庫入り口の壁とドアの間に頭などを挟まれたとみられ、近くの畑にいた妻が物音で事故に気付いた。

引用:Yahoo!ニュース

ネットの声

今の時代からすればまだ60代。
志半ばで不意の事故により、その生涯を絶たれたのは無念かと思われます。
誰しも、こんな誤動作で死ぬわけないじゃんと思っているかもしれませんが、
階段を二、三段踏み外して転落し亡くなる方もいますからね。
明日は我が身だと思います。
こわ~。。結構見かける!ドアを開けてバック駐車する車。
にしても奥様も気の毒だなぁ。。
ブレーキが効かなかったのか?そうでなければ意味不明ですね。
記事を読んだ印象としては、
「挟まれた」のではなく、自分で「挟んだ」の方が、自分的にはしっくりくる。
そんなに身を乗り出すほど扉開ける?そもそもバックモニターで車庫入れできるけど、使わない人けっこういるよね。
文面だけじゃ全く状況が想像出来ない…
自分で運転していてドアを開けながらバックしているのはまだ理解出来る。
でも頭を挟まれるってどういう状況?
狭い車庫だったのか?
ブレーキとアクセル間違った?
謎すぎる…
身を乗り出した状態でアクセルを強く踏んでしまったかな。
古い映画で見かけるけど、危険な運転ということを周知してほしい。

まとめ

福井県若狭町の中村良隆副町長が
自宅の車庫で
車と壁に挟まれるという事故で
亡くなられました。

このような車庫入れは
中村良隆副町長にとって、きっと毎日のことで、
まさかドアと壁の間に挟まるとは
思わなかったのでしょう。

最近では
バックモニターがついていたり、
センサーを頼りに
車庫入れをする方も多いので、
このように、
ドアをあけて直接確認しながら
車庫入れをする方は
少なくなっていますが、

バックモニターにも映らない
障害物があるときには、
ついやってしまう行動だと思います。

運転する方は
ちょっとしたことが
事故につながることを
肝に銘じて、
改めて注意したいものです。

中村良隆副町長の
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする