中野和男警部補が原宿署で拳銃自殺!顔画像やSNS、動機は?

竹下通りでの暴走事件のショックも冷めやらぬ中
原宿署交通課の中野和男警部補(36)が
地下一階倉庫内で拳銃自殺を図る
との痛ましい事件がおきました。

亡くなられた中野和男警部補の顔写真や
SNSがないか、事件のあった場所と原因を調べました。

スポンサードリンク

中野和男警部補の顔写真やSNSは?

氏名 中野和男
年齢 36歳
職業 原宿署交通課
住所 不明

顔写真やSNSを調べましたが、
本人とわかるものはありませんでした。

事件のあった場所

暴走事件のあった竹下通りも近くにあり
中野和男警部補も大晦日から正月にかけて
原宿周辺の交通対策にあたっていたようです。

事件の原因は?

まだ原因はわかっていませんが、
日常の様々な不安要素があるなかで
先日の竹下通りでの暴走事件が
何かしらのきっかけになってしまったのか?
と考えてしまいます。

スポンサードリンク

事件の概要

2日午後10時5分ごろ、警視庁原宿署の地下1階倉庫内で、同署交通課の中野和男警部補(36)が頭から血を流して倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。右手付近には拳銃があり、署は自殺の可能性が高いとみて調べている。

原宿署によると、警部補が夕食に現れなかったため、署員が署内を捜索。施錠された倉庫で、意識を失って倒れているのを見つけた。

警部補は、昨年8月から原宿署に勤務。2日は午前8時半ごろに出勤し、午後9時から休憩に入っていた。拳銃は本人に割り当てられたものだったという。

引用:Yahooニュース

ネットの声

まとめ

新年早々に原宿署周辺で
痛ましい事件が立て続けにおきてしまいました。

警察官の自殺や不祥事が少しでもなくなる対策は
ないものか考えてしまいます。

スポンサードリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする