ジェジュン、東方神起に戻りたいと未練?テレビ出演なぜ増えた?SMAPと共通点も!

ジェジュン
最近になってジェジュンさんを
テレビでよく見かけるようになりましたね。

テレビ出演を含めて、
露出はかなり増えてきているようですが、
最近、ジェジュンさんの
テレビ出演なぜ増えてきたのでしょうか?

また、ジェジュンさんが
東方神起戻りたいと言っている」
といった
東方神起時代への未練についても話題
なっているようです。

そして、調べているうちに、
東方神起SMAPって似ているのでは?
と思える部分もありました。

ここではそのあたりについても
お話ししていきたいと思います。

スポンサードリンク

ジェジュン、テレビ出演がなぜ増えた?

ジェジュンさんのテレビ出演が増えたのは、
簡単に言ってしまえば
出演ができるようになったからです。

もともと日本でも活躍していた
ジェジュンさんですので、
やはり日本での活動に対して
強い思いを抱いていたようです。

ただ、前に所属していた事務所が
圧力をかけていたこともあり、
それが叶わなかったのです。

前所属事務所に対して、
ジェジュンさんは裁判を起こし、
その裁判に勝利したそうです。

その結果、
圧力から解放されて
念願の日本での活動が
できるようになったというわけです。

裁判まで起こしていることを考えると、
ジェジュンさんはよほど日本に思い入れが
あったのでしょう。

日本人としてはありがたいですし、
とても嬉しいものです。

スポンサードリンク

ジェジュンは東方神起に戻りたいという未練が?脱退理由は?

ジェジュンさんが
かつて東方神起のメンバーとして
活躍していたことについては
よく知られていますが、

実はジェジュンさんが
「東方神起に戻りたい」
という未練を抱いているのではないか
という話も出ています。

ジェジュンさんはSNSで、
「メンバーに会いたい」
と言っていることや
「(2人になってからの)東方神起のCDを持っている」
ということを匂わせるなど、

東方神起に未練がある
と、思われるような発言などをたびたびしています。

実際に、東方神起はメンバー同士も
かなり仲が良かったようですので、
未練が残ってしまっても仕方がないでしょう。

ジェジュン、東方神起の脱退理由は?

ジェジュンさんは、
そこまで思い入れのある
東方神起というグループを脱退することに
なったのでしょうか?

こちらも先に話した
日本での活動を制限していた
所属事務所とのゴタゴタが原因のようです。

所属事務所との契約内容に問題があっただけではなく、
ジェジュンさんを含めた一部のメンバーが
事務所に話を通さずに
事業をおこなっていたのです。

それに加えて、
それぞれのメンバーの親御さんも
このゴタゴタに参加するようになったりと、
どんどん騒ぎが大きくなってしまったのです。

当然、裁判沙汰にもなり
脱退せざるを得なかったとも言えるでしょう。

東方神起とSMAPは似てる?人数や解散理由に共通点が

ジェジュンさんについて
調べていましたが、

東方神起脱退となった
一連の動きを見ていると、
SMAPと重なって見えてしまいます。

5人という人数も同じですし、
事務所が絡むゴタゴタという
解散・脱退理由まで似ていますね。

SNSで
5名時代の東方神起が
SMAPの「らいおんハート」を
歌っている動画があり、
聞き入ってしまいました。

東方神起が分裂となった時には、
ワイドショーで聞いたことがある程度だったので、

ジェジュンがテレビ出演が増えたことで、
東方神起が再結成するといいね、
位に思っていましたが、

SMAPと重ねあわせてみると、
東方神起の再結成も、
簡単な問題ではないのかも知れませんね。

それでも、こういった動画をみてしまうと、
再結成まではいかなくても、
共演という形でも見てみたいものです。

まとめ-ジェジュンのテレビ出演増加と東方神起への未練

最近はバラエティー番組を中心に
よくテレビで見るようになった
ジェジュンさん。

東方神起を脱退することになったのも
日本で活動できない時期があったのも
所属事務所とのいざこざが
原因のようです。

それらが解決した現在、
ジェジュンさんの活躍が日本でも
見ることができるようになったのは
嬉しいですね。

バラエティー番組では、
豪邸を披露したり、
私生活もちょこちょこ見せていますね。

少し天然キャラなところもあるうえ、
日本語が上手ですよね!

今後もバラエティー番組に
どんどん活躍しそうな雰囲気です。

以前に所属していた
東方神起に戻ることはないにしても、
かつてのメンバーと共演するシーンは
いつか見たいものですね。

今後のジェジュンさんの
活躍が楽しみです。

スポンサードリンク




関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする