天皇即位記念硬貨500円はどの銀行で交換可能?枚数制限や手数料は?

2019年は天皇の代替わりがあり、
それに伴い、天皇即位記念硬貨が発行されます。

その記念硬貨について
気になっているという方も多いでしょう。

1万円金貨も発行されますが、
それにはちょっと手が出せないものの、
500円のほうなら……と
思っている方もいるのではないでしょうか?

実際に天皇即位記念硬貨500円を
すでに狙っているという方はかなり多いです。

ここでは、
天皇即位記念硬貨500円
どこの
銀行金融機関交換入手できるの?

枚数制限手数料はある?
について、調べてみました。

スポンサードリンク




天皇即位記念硬貨(500円)の交換可能な銀行は?

500円玉
天皇即位記念硬貨(500円)は、
どこで交換できるのでしょうか?

交換可能な銀行についてですが、現時点では
「金融機関の窓口」
という表現しか確認できません。

推測になるのですが、
郵便局や日本銀行といった
全国にある金融機関であれば、
交換可能だと思います。

地方銀行については、
本店だと可能性はありますが、
各支店レベルになると、
微妙なところかもしれません。

ちなみに、500円硬貨単体であれば
金融機関の窓口での引き換えが可能なのですが、

今回、天皇即位記念硬貨は
500円と1万円金貨幣とセットになっているものもあります。

2点セットを購入する場合には、
通信販売で購入する必要があります。

お金を通信販売で購入するというのも
冷静に考えてみると、
なかなか不思議なことです。

スポンサードリンク

天皇即位記念硬貨は枚数制限がある?手数料は?

天皇即位記念硬貨について、
一人で交換できる枚数に制限があるかどうかの
詳細は、まだ明らかになっていません。

ただ、発行枚数が限られていることを考えれば、
枚数制限はおそらく出てくるでしょう。

500円硬貨に関しては
500万枚の発行が予定されているのですが、
そのうちの金融機関窓口での引き換え枚数は、
497万枚となっています。

残りの3万枚分が気になるところですが、
この3万枚分は
1万円金貨幣との2点セットとして
独立行政法人造幣局から
通信販売されることになります。

500円硬貨の引き換え予定時期は
令和元年10月となっており、
具体的な引き換え要領は
令和元年9月頃に財務省から
発表予定となっています。

1万円金貨幣との2点セットについて、
申し込み方法などの詳細は
造幣局のウェブサイトにて
令和元年7月10日(水)17時に
公表予定となっていますので、
それ以降に確認するようにしましょう。

造幣局HP

あと、気になる手数料ですが、
500円硬貨に関しては、
「額面通りの交換」となっています。

つまり、交換手数料はありません。

それだけに、
交換したい人が銀行などに殺到しそうですね。

スポンサードリンク




天皇即位記念硬貨500円のデザインは?

天皇即位記念硬貨について、
デザインはすでに公開されています。

天皇即位記念硬貨 500円

引用:財務省「報道発表」より

おお、なんだかカッコいいですね。
デザインをみて、一気に欲しくなりました。

500円に関しては、
額面通り500円で交換可能というのも
嬉しいですね。

497万枚分は流通するそうですが、
令和の新元号発表の
号外新聞に群がる人達の映像を見ていると、
この記念硬貨も早々と
銀行からなくなってしまうような気も。。。

金融機関や発行日が確定したら、
改めてお知らせしていきます。

そして、当然ですが、
この記念硬貨には「令和元年」と表記されます。

「令和」が刻印された硬貨は
これからどんどん発行されますが、
早めに手に入ったら、
テンションも上がりますね。

スポンサードリンク




まとめ

平成から令和へと元号が変わり、
新しい天皇陛下が即位されたことで、
記念硬貨が発行されます。

記念硬貨は
・1万円金貨と500円硬貨のセットと、
・500円硬貨のみ
の2種類となっています。

1万円金貨へは手が出しづらいですが、
500円硬貨なら、
記念にもっておきたいですね。

500円硬貨は、
金融機関で交換可能とのことですが、
詳細が発表されるのは9月。

詳細が分かり次第、
こちらでもお知らせしていきたいと思います。

スポンサードリンク



関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする