神戸セクハラ高校教師の名前、顔画像は?4年前の元生徒にセクハラメールを

神戸の高校教諭が、元女子生徒に
セクハラメールを送ったとして、
戒告処分となりました。

この高校教諭の氏名、顔画像などがないか
調べてみました

神戸のセクハラ教諭の名前、顔画像は?

今回の事件の教諭についてまとめました。

氏名:不明
年齢:57歳
職業:神戸市立高校教諭

氏名も公表されていないので、
顔画像もありませんでした。

4年前にもトラブルとなったとのことなので、
4年前の記事も調べてみましたが、
氏名は公表されていなかったです。

4年前も現在も
部活の顧問をされていたようなので、
その部活の経験者なのかも知れません。

スポンサードリンク

事件の内容

神戸市の57歳の高校教諭が、女子生徒に「かわいい」というメールを送るなどのセクハラをしたとして、戒告の懲戒処分になりました。

戒告の処分を受けたのは、神戸市の市立高校に勤務する57歳の男性教諭です。
神戸市教育委員会によりますと、この教諭は、4年前、部活を通じて知り合った別の高校の当時3年生の女子生徒を車で連れ回したほか、「かわいかった」「いとおしい」などというメールを送ったということです。
保護者からの申し出で、教諭は女子生徒とは連絡を取らない約束をしたということですが、4年後のことし7月になって「きょうも一日、頑張ってください」などとメールを送り、元女子生徒に不快な思いをさせたというです。
教育委員会は、こうした一連の行為がセクハラにあたるとして、12日付けで教諭を戒告の処分にしました。
教諭は事実関係を認め、「4年がたって許してもらえたと思い、メールを送ってしまった。セクハラへの認識が甘く、申し訳ない」と話しているということです。
教育委員会は、「不祥事の根絶に向けて全力で取り組みたい」としています。

引用:NHK NEWS WEB

最近は、教師によるわいせつ行為なども
問題になっている中、
「メールを送っただけでセクハラ?」
と、少し思いましたが、

他の記事によると、

今年7月に大会会場で女性と偶然再会してあいさつ。

「(女性が)うなずいたように見え、許してもらえたと思った」

とありました。

女子生徒は4年ぶりに、
またこの教諭に会い、恐怖を覚えたかも知れませんが、
一人の大人として、会釈なり、挨拶なりをしたのかと思います。

しかし、それが、
「許してもらえた」→「今なら受け入れてもらえる」
と思った、というのですから、
この教師の執着のようなものを強く感じます。

元女子生徒もそこから
自身の危険を感じたのかも知れません。

それに、今回のケースは、
「他校の女子生徒」ということもあり、
女子生徒の方も、
そんなに面識もない教師から、
「いとおしい」なんてメールされたら怖かったことと思います。

今回は、他校の教師ということでしたが、
これが、直接指導されている
同じ高校の顧問だった場合、
いろいろな状況を考えて、
告発できなかったかも知れませんし、
もっとエスカレートしていたかも
と、想像してしまいます。

教師も一人の人間なのかも知れませんが、
社会人としてのモラルは
最低限持ち合わせていてほしいものです。

まとめ

神戸で、他校の元女子生徒に
4年越しでセクハラメールを送った
高校教師について調べてみました。

一度、接見命令が出ているにもかかわらず、
「(挨拶してくれたから)許してくれてると思った」
なんて、身勝手な解釈で、
再度、女性に恐怖を与えたことの
罪は深いです。

被害者女性も、
「またどこかで偶然会ってしまうのではないか」
という恐怖がずっとつきまってしまいます。

被害者女性の心のケアも気になるところです。

スポンサードリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする