北海道釧路でショベルカーが転落、檜森隆之さんの救出が遅れた理由と事故原因は?

北海道釧路町仙鳳趾村オタクパウシで、
作業中のショベルカーがため池に転落し、
ショベルカーを操縦していた
檜森隆之さんが亡くなられました。

事故の原因と
檜森隆之さんの救出が遅れた理由について
調べてみました。

スポンサードリンク

釧路町、ショベルカー転落事故の原因と救出が遅れた原因は?

今回の事故は、
建物の解体作業を行っていた際、
ショベルカーがバランスを崩したことが原因です。

雪が残る場所で
土壌はぬかるんでおり、
ショベルカーの操縦も困難だったのではないかと
考えられます。

事故が起きた3月3日、
檜森隆之さん名が救出された4日の
釧路市の天気を調べてみると、
両日とも「晴れ」となっています。

参考:goo天気

しかし、夜の気温は、当然、氷点下になり、
早く檜森隆之さんを救出したい気持ちと
ため池という特殊な環境で進まない作業に
捜索現場はやきもきしたことと思います。

檜森隆之さんの救出が遅れた原因は?

ため池に転落したショベルカーは
すぐに引き上げられたものの
運転席のドアが開いた状態だったため、
ショベルカーを操縦していた
檜森隆之さんは
行方不明のままとなっていました。

転落したあと、
逃げ出そうと檜森隆之さん自身が
ドアを開けたのか、
転落のはずみで
投げ出されてしまったのかは
わかりませんが、

檜森隆之さん自身は、
事故から1日以上経った、
3月4日午後3時過ぎになってようやく
発見されました。

また転落した場所が、
3.5mもあるため池ということもあり、
水が濁り、発見を困難にさせたようです。

スポンサードリンク




事故の場所は?

今回事故が起きたのは、
北海道釧路町仙鳳趾村オタクパウシ
です。

「仙鳳趾村」は「せんぽうしむら」と読み、
「オタクパウシ」はアイヌ語とのことです。

檜森隆之さんについて

今回、残念ながら亡くなられた
檜森隆之さんについて、
調べてみました

氏名 檜森 隆之(ひもり たかゆき)
年齢 50歳
職業 会社員
居住 幕別町札内文京町

「檜森隆之」さんで、
検索してみたところ、
同姓同名の方が、
マスターズ甲子園に出場している生地がありました。

今回事故にあわれた
檜森隆之さんと同一人物なのかは
断定できませんが、
「北海道代表」
「幕別OB」
とのことなので、
同一人物である可能性は高いです。

だとすると、
50歳になられても
野球で活躍できるほどの
運動神経の持ち主です。

そう思うと
今回の事故は大変残念でなりません。

スポンサードリンク




事故の概要

3日、北海道釧路町でショベルカーがため池に転落し、50歳の作業員の男性が行方不明となっていましたが、4日午後遺体で発見されました。

事故があったのは、釧路町にある牧場の跡地です。

3日午前11時ごろ、建物の解体作業にあたっていた小型ショベルカーがバランスを崩し、深さ3.5mのため池に転落しました。

ショベルカーを引き上げたところ、運転席のドアは開いた状態で、乗っていた作業員の檜森隆之さん(50)の行方が分からなくなっていました。

池の水が濁っていたことから捜索は難航していましたが、4日午後3時30分ごろに水中から檜森さんが遺体で発見されました。

事故現場周辺の地面はぬかるんでいて、警察は一緒に作業にあたっていた同僚から話を聞くなどして事故原因を調べています。

引用:Yahoo!ニュース


引用:北海道ニュースUHB

ネットの声

重機の事故が多い免許取るとき平坦な所で操作する斜面でしかも土面での事故これからは厳しく指導がよそうされる

まとめ

北海道釧路町で
作業中のショベルカーが転倒し、
檜森隆之さんが亡くなられました。

雪で土壌がぬかるんでいたこともあり、
作業中の少しのミスが
事故につながったのかもしれません。

檜森隆之さんの
ご冥福を心からお祈りいたします。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする