京都の交通安全教室で亡くなったスタントマンは誰?どこの中学?ワーサルとは?

京都市山科区にある中学校で
開催された交通安全教室で、
スタントマン役の男性が、
トラックにひかれるという
交通事故のシチュエーションを再現したところ、
実際にひかれてしまったという
事故がおきました。

事故がおきた中学校はどこ?
亡くなったスタントマンは誰?
安全教室を依頼されていた「ワーサル」って?
について、調べてみました。

スポンサードリンク

事故がおきた中学校はどこ?

今回の事故がおきたのは、
京都市山科区にある勧修中学校
です。

〒607-8214 京都府京都市山科区勧修寺平田町92

交通安全教室で亡くなったスタントマンは?

今回の事故で亡くなったスタントマンの
名前などを調べてみました。

氏名 中村 佳弘(なかむら よしひろ)
年齢 34歳
職業 「ワーサル」のスタントマンアルバイト
居住 福岡県春日市

福岡からわざわざ
京都まで出張してきたにもかかわらず、
このような事故がおきてしまったのは
とても残念です。

中村佳弘さんは、
「ワーサル」という会社から
派遣されたアルバイトとのことですが、
経験が浅かったのでしょうか?

スポンサードリンク

「ワーサル」とはどんな会社?

今回の事故で亡くなった中村佳弘さんが
所属していた「ワーサル」という
会社の事業内容について調べてみました。

事業内容

・一般労働者派遣事業
・アウトソーシング事業
・映像制作事業(シネマワーサル)
・アクション指導
 ・バク転講座
 ・アクションスクール
 ・体操クラス
 ・タンブリング講座
 ・キッズアクロバット教室
・レンタルスタジオ
・エンターテイメント事業
 ・タレント事業部
 ・伊賀忍者「らいふうじん」
 ・伊賀忍者「阿修羅」
 ・交通安全スケアードストレート

引用:ワーサルHP

「ワーサル」は、
アクション俳優が所属している
タレント事務所だと思っていましたが、

タレント派遣だけでなく、
スタジオを貸していたり、
子供たち向けのアクロバット教室を開いたりと、
幅広く活動しており、

アクション俳優を育てるだけでなく、
その俳優たちの他の働き方も
提供しているようにも見えます。

一番最後の項目にある
「交通安全スケアードストレート」
も、その一貫で行っていたようです。


引用:ワーサルHP より

上記のような
交通事故の再現を実演してみせることで、
交通事故の危険性について
わかってもらうといった内容だったようです。

アクション俳優は
ケガや事故はつきものかもしれませんが、
今回のような交通事故を再現したら、
本当に轢かれてしまったなんて、
残念です。

スポンサードリンク




事件の概要

12日午後2時20分ごろ、京都市山科区勧修寺平田町の勧修中のグラウンドで、交通安全教室に出演していたスタント会社「ワーサル」(東京都渋谷区)のスタントマンのアルバイト男性(34)=福岡県春日市=が交通事故の再現中、トラックにひかれた。男性は胸や腹を強く打ち、7時間後に死亡した。同教室には全校生徒約470人が参加していた。

「生徒の心のケアは適切に対応」

京都府警山科署によると、男性は、歩行者が道路の横断中に車にはねられる事故を再現していた。時速10キロで走行するトラックのバンパーにしがみつき、安全に着地する想定だったが、失敗して地面に落ち、車体下に巻き込まれたという。トラックは同僚男性(38)が運転していた。
教室は京都市自転車政策推進室が主催し、ワーサルに業務を委託していた。同推進室は「事故原因を究明し、生徒の心のケアについては市教委と連携して適切に対応する」としている。

引用:Yahoo!ニュース

ネットの声

ある意味ホントの交通安全教室になってしまったな
轢かれ役は等身大人形でお願いしたい。
それこそTwitterで流行ってる『CG再現メーカー』で再現したものを授業で見せるぐらいで良いんじゃないの…?
今回は痛ましい結果になったけど、これでスタントマンが成功したら「俺にも出来るかも」って車道に飛び出すバカも出て来そうだし…。
下敷きになってしまうような事故はテレビやネットのモザイクかかった動画ですら緊張してしまうのに、目の前で起きてしまったら大人でもトラウマになると思う。
私が子供の頃の交通安全教室に「時速10キロで走行するトラックのバンパーにしがみつく」ものはありませんでしたが、いつからこのような馬鹿げた事をするようになったのでしょう?
もしかすると今後スタントマンはロボットに仕事を奪われてゆくかも‥‥。
普通の生活でバンパーにしがみつくシチュエーションが思い浮かばないけど、事故の危険さの再現を忠実にやり過ぎましたね
それを見せつけられた中学生はたまったもんじゃありませんけど

まとめ

京都市山科区にある勧修中学校で、
交通安全教室のひとつとして、
トラックに轢かれるという
交通事故を再現したところ、
実際に轢かれてしまい、
亡くなるという事故がおきました。

亡くなった中村佳弘さんの
ご冥福をお祈りするとともに、
事故を目撃してしまった
中学生の心のケアを
してもらいたいです。

スポンサードリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする