四十宮直樹の顔画像、動機、事件発覚が遅れた理由は?昭和大医大生タイ人女性セーンネパニダさんとの関係は?

2018年12月18日、
昭和大学医学部2年生の
四十宮直樹容疑者が
タイ人女性のセーンネパニダさんを
トルクレンチを使って暴行し、
そのあとホテルから飛び降りた事件で、
逮捕されました。

四十宮直樹の顔画像や動機、
事件発覚までに時間がかかった理由、
セーンネ・パニダさんとの関係や
事件現場のホテルの場所を調べてみました。

スポンサードリンク

四十宮直樹容疑者の顔画像は?動機は?

今回逮捕された四十宮直樹容疑者について、
まとめてみました。

氏名 四十宮 直樹(よそみや なおき)
年齢 20歳
職業 学生・昭和大学医学部2年生
在住 千葉県船橋市前貝塚町

昭和大学医学部の学生が
風俗店に勤めるタイ人の女性セーンネ・パニダさんを
トルクレンチをつかって暴行の上、
自らも飛び降りたという
とてもショッキングなニュースです。

なぜ、暴行することになったのかという動機について、
そういうプレイが行き過ぎたのか?

セーンネ・パニダさんに対し好意をもっていた
四十宮直樹容疑者が断られた末なのか?

動機についていろいろな憶測が飛び交っています。

また、四十宮直樹容疑者は
殺意を否定していることから、
どういった経緯だったのか、
動機は何だったのか、
今後の捜査で明らかにされることを
期待します。

※追記
四十宮直樹容疑者とセーンネ・パニダさんは、
初対面だった模様です。

スポンサードリンク

暴行に使われたトルクレンチって?

四十宮直樹容疑者が
タイ人女性セーンネ・パニダさんを
殴ったとされる「トルクレンチ」とは
どういったものなのでしょうか?

主に車の整備などに使われるドライバーのようなもので、
ねじ全体を覆う形で先端がぽこっと丸い感じになっています。

事件のおきる前に、
四十宮直樹容疑者は雑貨店で
トルクレンチを購入していたということなので、
初めからトルクレンチを
何かしらに使う予定だったと
思わざるをえません。

道具も事前に準備しているのに、
殺意を否定しているのは
なぜなのでしょうか?

スポンサードリンク




四十宮直樹容疑者逮捕までにタイムラグがあるのはなぜ?隠ぺいか?

四十宮直樹容疑者が
殺意を否定しているというのも疑問ですが、
事件がおきたときから
今回の逮捕に至るまでの
タイムラグについても疑問が残ります。

事件がおきたのが、
2018年12月18日(火)の午後8時半から55分にかけてです。

そのあとに、
四十宮直樹容疑者の体が回復した
およそ2か月後の2019年2月9日に
事情を確認し、逮捕となったようですが、

飛び降りがあった時点では、
「医大生がホテルから飛び降りた」
というだけの事件だったのでしょうか。

だとしても、
飛び降りた部屋の一室から、
タイ人女性が倒れているのが発見されたとなったら、
大きな事件になるはずですが・・・。

風俗店勤務の外国人だったからなのか、
医大生である四十宮直樹容疑者側が、
隠ぺいを図ったのかと疑ってしまいます。

このことについても
今後の捜査が進むにつれ、明らかになると思います。

スポンサードリンク




事件現場のホテルの場所は?

今回の事件があったホテルは、
東京都台東区根岸1丁目
とのことです。

JR鶯谷(うぐいすだに)駅周辺で、
駅前には飲食店が立ち並び、
ビジネスホテルなども多いなか、

線路沿いの路地裏には
ラブホテルが立ち並ぶ一角もあります。

今回の事件があったホテルは
特定できませんでしたが、
もしかしたらラブホテルだった可能性もあります。

事件の概要

ホテルで女性を殺害したとして、警視庁は9日、昭和大医学部2年、四十宮(よそみや)直樹容疑者(20)=千葉県船橋市前貝塚町=を殺人容疑で逮捕し、発表した。「棒を使って強くたたき過ぎて女性が亡くなった。殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているという。

下谷署によると、容疑は昨年12月18日午後8時半~同55分ごろ、東京都台東区根岸1丁目のホテルの一室で、タイ国籍の派遣型風俗店アルバイト、セーンネ・パニダさん(当時19)=同区=に暴行を加え、殺害したというもの。四十宮容疑者は暴行を加えた直後、ホテルの窓から飛び降り、入院していた。

現場に残された四十宮容疑者のリュックから、セーンネさんの血がついたトルクレンチが発見されていた。四十宮容疑者は、大学を出て雑貨店でトルクレンチを購入し、ホテルに向かっていたという。署は、トルクレンチでセーンネさんの頭部を殴るなどしたとみて、動機とともに調べている。

引用:Yahoo!ニュース

ネットの声

被害者が外国人だと量刑が軽くなる傾向を感じる。それが外国人の不法就労になるであろう風俗嬢となるとどんな判決を出すものか気になる。
色眼鏡の入らない公正な裁きを。
人の命を助ける職業を目指す人がやるとは….恐ろしや。
将来、自らの手でダメにしたバカな奴
過ぎなくてもダメ!
こいつの頭もトルクレンチで何発か叩いてやれよ
死なないんでしょ?
女の子が可哀想だね
たぶん出稼ぎで家族が待ってるだろうな
完璧なる異常者だね。これはもうどうしようもない。外に出したら必ずまわりの人たちを傷つけるであろう
トルクレンチを購入しただけでも殺意はあると考えるべきでしょう。
どういう経緯でこうなったのか?もう少し詳しく書いて欲しかったけど、どうせ別れ話か子供ができて…かな?
自己保身に走っているようだけど、社会を舐めるなよ。
こんなやつが医者になる前に将来を絶たれてよかった。

まとめ

昭和大学医学部2年生の
四十宮直樹容疑者が
風俗店勤務のタイ人セーンネ・パニダさんを
暴行の末、飛び降りをはかっています。

殺意を否定していること、
事件発覚、逮捕までになぜ時間がかかったのか、
など、さまざまな疑問が残ります。

今後の捜査で事件の全容が
あきらかになることを望みます。

スポンサードリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする