栃木西方町本郷で火災!出火元はプラスチック工場の小野産業で原因は?

2019年1月28日の早朝、
栃木市にあるプラスチック加工工場「小野産業」で
火災が起きました。

はしご車が20台も出動して
消火活動しているとのことですが、
けが人や延焼といった
被害状況、火災原因を調べてみました。

スポンサードリンク

火災現場はどこ?出火原因は?

報道によると、火災が起きたのが
プラスチック加工会社「小野産業」とのことで
調べてみたところ
栃木県栃木市西方町本郷600
とのことです。

工場が立ち並ぶ工業地帯でありますが、
工場から500mも離れていないところには
保育園や住宅もあり、
近隣住民は早朝から
不安だったかと思います。

スポンサードリンク

出火原因は?けが人は?被害は?

出火原因については、まだ調査中です。

前日は工場が休みだったこと、
早朝で人がいなかったこと
からすると、
漏電などによる発火かも知れませんし、、
不審火の可能性もあります。

被害については、
まだ延焼中とのことで調査中ですが、
現在のところけが人はないようです。

スポンサードリンク




事件の概要

28日朝早く、栃木市のプラスチック加工工場で火災が発生し、現在も延焼中です。

警察や消防によりますと、午前4時半ごろ、栃木市西方町にあるプラスチック加工会社「小野産業」で「工場から炎が噴き出している」と通行人の男性から119番通報がありました。はしご車など約20台が出動して消火活動をしていますが、現在も延焼中だということです。今のところ、けが人などは確認されていません。火事があった建物の中にはプラスチック製品が保管されているということです。この会社は27日は休みで無人だったということです。

引用:Yahooニュース

まとめ

栃木市西方町のプラスチック加工会社「小野産業」で
早朝から火災がおき、
一時、近隣は騒然としていたと思います。

プラスチック加工会社ということもあり、
火の勢いや匂いも気になるところです。

火災原因についても
調査中とのことなので、
続報が待たれます。

空気が乾燥していることもあり、
少しのことから大きな火事につながることも
あります。

入念な火の用心を心がけたいものです。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする