東京オリンピックチケットは何歳から必要で子供料金や学割は?

2020年の東京オリンピック開催が
決まってからあっという間に時間が過ぎ、
もうチケットの申し込みをする段階になりました。

正直なところ、
いろいろと間に合うのか……と
不安な部分もありますが、

場所も日時も決まっているのですから
あとはもう待つだけです。

ただ、そこで気になってくるのが
東京オリンピック2020チケットです。

特にお子さんのいるご家庭では
何歳からチケット必要で、
子ども料金学割があるのか?
東京2020みんなで応援チケット」ってお得なの?
といった部分も気になるでしょう。

ここでは、そんなチケット事情について
ご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク





東京オリンピック2020のチケットは何歳から必要?

東京オリンピック2020

東京オリンピック2020のチケットは、
基本的に年齢に限らず、競技観戦には
チケット購入が必要となっています。

ただし、
競技開催日の時点で2歳未満のお子さんは
チケット保有者1名につき1名までは無料
となっています。

ひざの上に乗せるといった形で
席が新たに必要ないのであれば、
チケットがなくともOKなのです。

しかしながら、
チケット保有者1名に対して
2歳未満のお子さんでも2名以上だと
超過したお子さんの分の
チケット購入が必要となります。

立ち見に関しても同じとなりますので、
その点は注意しておきましょう。

スポンサードリンク

オリンピックチケット子供料金や学割は?「みんなで応援チケット」とは?

一般的なチケットだと
子ども料金や学割といったものが
あるかと思うのですが、
残念なことにオリンピックチケットに関しては
子ども料金や学割といったものは
期待できません。

一般チケットであれば
大人でも子どもでも同じ料金になります。

ただ、
・12歳以下の子ども
・60歳以上のシニアの方
・障がい(車いすユーザーを含む)のある方を
1名以上含む家族やグループであれば
「東京2020みんなで応援チケット」
というものを利用することができます。

座席エリアとしては
最下位席種エリアになるのですが、
1枚あたり税込みで2020円と破格です。

少しでもいい席で観戦したいという場合には
一般チケットに申し込む必要があるのですが、
みんなで楽しむことや
価格を重視されるのであれば、
「東京2020みんなで応援チケット」が
一番お得かと思います。

子ども料金や学割はないものの、
それに相当する種類のチケットと考えていいでしょう。

スポンサードリンク




まとめ

2020年東京オリンピックの開催が
もう目の前となってきました。

気になる観戦チケットは
何歳から必要で、
子供料金や学割があるかどうか
について調べたところ、

・子供料金・学割は基本ない
・観戦日に2歳未満の子は一人だけ無料
ということがわかりました。

また、座席のランクは下がり、
観戦者の条件はありますが、
「東京2020みんなで応援チケット」
という、一人2020円になるお得なチケットがあり、
開場の雰囲気を味わいたい!という場合には、
これも選択肢のひとつとして
良いかもしれませんね。

スポンサードリンク



関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする